「かなめ」の検索結果

検索キーワード
  • 15 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. 要(かなめ) - 語源由来辞典
かなめ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「か」から始まる言葉 >かなめ【意味】 かなめとは、ある物事の最も大切な事柄や人物。要点。 【かなめの語源・由来】かなめは元々、扇の末端にある骨を留
http://gogen-allguide.com/ka/kaname.html
2. 図星(ずぼし) - 語源由来辞典
スポンサードリンク【関連語】当たる(あたる)案の定(あんのじょう)思惑(おもわく)要(かなめ)急所(きゅうしょ)黒(くろ)肯綮に中る(こうけいにあたる)ズバリ正鵠を射る(せいこくをいる)ドンピシャ狙う
http://gogen-allguide.com/su/zuboshi.html
3. 一大事(いちだいじ) - 語源由来辞典
スポンサードリンク【関連語】因縁(いんねん)大童(おおわらわ)要(かなめ)肝心(かんじん)きりきり舞い(きりきりまい)ごたごた修羅場(しゅらば)新聞(しんぶん)大切(たいせつ)てんてこ舞い(てんてこま
http://gogen-allguide.com/i/ichidaiji.html
4. 大切(たいせつ) - 語源由来辞典
かなめ)肝心(かんじん)切る・斬る・伐る(きる)心(こころ)正念場(しょうねんば)真髄・神髄(しんずい)正鵠を射る(せいこくをいる)手塩に掛ける(てしおにかける)虎の子(とらのこ)箱入り娘(はこいりむ
http://gogen-allguide.com/ta/taisetsu.html
5. コツ - 語源由来辞典
かなめ)体(からだ)教科書(きょうかしょ)玄人(くろうと)コーチ栞・枝折り(しおり)指南(しなん)定石・定跡(じょうせき)真髄・神髄(しんずい)正鵠を射る(せいこくをいる)ツボテクニックテンプレート虎
http://gogen-allguide.com/ko/kotsu.html
6. 真髄・神髄(しんずい) - 語源由来辞典
かなめ)肝心(かんじん)生一本(きいっぽん)肝・胆(きも)心(こころ)コツ触り(さわり)正念場(しょうねんば)正鵠を射る(せいこくをいる)精神(せいしん)太鼓判(たいこばん)醍醐味(だいごみ)大切(た
http://gogen-allguide.com/si/shinzui.html
7. 天王山(てんのうざん) - 語源由来辞典
スポンサードリンク【関連語】今際の際(いまわのきわ)往生際(おうじょうぎわ)勝つ(かつ)要(かなめ)肝心(かんじん)危機一髪(ききいっぱつ)局面(きょくめん)際(きわ)剣が峰(けんがみね)境(さかい)
http://gogen-allguide.com/te/tennouzan.html
8. 瀬戸際(せとぎわ) - 語源由来辞典
スポンサードリンク【関連語】今際の際(いまわのきわ)海(うみ)往生際(おうじょうぎわ)要(かなめ)辛うじて(かろうじて)肝心(かんじん)危機一髪(ききいっぱつ)際(きわ)苦肉の策(くにくのさく)剣が峰
http://gogen-allguide.com/se/setogiwa.html
9. 正鵠を射る - 語源由来辞典
スポンサードリンク【関連語】射る(いる)得る(える)要(かなめ)肝心(かんじん)肝・胆(きも)クグイ・鵠(くぐい)黒(くろ)肯綮に中る(こうけいにあたる)コツ白(しろ)真髄・神髄(しんずい)図星(ずぼ
http://gogen-allguide.com/se/seikokuwoiru.html
10. 画竜点睛を欠く - 語源由来辞典
かなめ)壁(かべ)肝心(かんじん)完璧(かんぺき)弘法にも筆の誤り杜撰(ずさん)ずぼら粗相(そそう)ぞんざいだだくさ竜・龍(たつ)玉に瑕(たまにきず)適当(てきとう)生半可(なまはんか)瞳・眸(ひとみ
http://gogen-allguide.com/ka/garyoutensei.html

1 2 次へ>>