「か」の検索結果

検索キーワード
  • 2795 件中 71 - 80 件目の10件を表示しています。

71. 若干(じゃっん) - 語源由来辞典
ん)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「し」ら始まる言葉 >若干【意味】 若干とは、はっきりしないが、さほど多くはない数量を表す。いくら。多少。 【若干の語源・由来】若干の「干」を「十
http://gogen-allguide.com/si/jyakkan.html
72. 神楽(ぐら) - 語源由来辞典
ぐら)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「ら始まる言葉 >神楽【意味】 神楽とは、神をまつるために奏する舞楽。能の舞・狂言の舞・歌舞伎下座音楽のひとつ。 【神楽の語源・由来】神霊の宿
http://gogen-allguide.com/ka/kagura.html
73. 誤魔化す(ごます) - 語源由来辞典
す)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「こ」ら始まる言葉 >ごます【意味】 ごますとは、不利益にならないよう取り繕うこと。 【ごますの語源・由来】ごますは、江戸時代ら見られる語
http://gogen-allguide.com/ko/gomakasu.html
74. 赤(あ) - 語源由来辞典
)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「あ」ら始まる言葉 >赤【意味】 赤とは、血のような色。また、その系統の色。色の名の一。三原色の一。赤色。赤い色。 【赤の語源・由来】明暗の「明(あ
http://gogen-allguide.com/a/aka.html
75. てて加えて - 語源由来辞典
ててくわえて)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「ら始まる言葉 >てて加えて【意味】 てて加えてとは、その上に。さらに。通常は、よくない事が重なるときに用いる。 【てて加えての
http://gogen-allguide.com/ka/katetekuwaete.html
76. 雷(いずち) - 語源由来辞典
ずち)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「い」ら始まる言葉 >いずち【意味】 いずちとは、みなり。なるみ。いづち。 【いずちの語源・由来】いずちの「い」は、「たけだけしい
http://gogen-allguide.com/i/ikazuchi.html
77. しい(なつしい) - 語源由来辞典
しい(なつしい)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「な」ら始まる言葉 >懐しい【意味】 懐しいとは、過去の事柄が思い出されて心がひれる。昔に戻ったようで楽しい。 【懐しいの語源
http://gogen-allguide.com/na/natsukashii.html
78. 形見(たみ) - 語源由来辞典
たみ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「ら始まる言葉 >形見【意味】 形見とは、死んだ人や別れた人を思い出すよすがとなるもの。残された品。遺品。遺児。過去を思い出させる記念の品。
http://gogen-allguide.com/ka/katami.html
79. そそっしい - 語源由来辞典
しいの意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「そ」ら始まる言葉 >そそっしい【意味】 そそっしいとは、態度や行動に落ち着きがない。あわて者である。不注意である。 【そそっしいの語源・由来
http://gogen-allguide.com/so/sosokkashii.html
80. 左官(さん) - 語源由来辞典
ん)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「さ」ら始まる言葉 >左官【意味】 左官とは、壁を塗る職人。べぬり。壁大工。泥工(でいこう)。しゃん。 【左官の語源・由来】左官は、平安時代に宮
http://gogen-allguide.com/sa/sakan.html

<<前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ>>