「け」の検索結果

検索キーワード
  • 2158 件中 111 - 120 件目の10件を表示しています。

111. ぐうたら - 語源由来辞典
また、スコットランドの一部地域で、怠ることを「グウタル」、怠者を「グウタラー」と呼ぶことから、それらを語源とする説もあるが、日本に入った経緯等が不明なため俗説と考えられる。スポンサードリンク【関連
http://gogen-allguide.com/ku/guutara.html
112. 無理矢理(むりやり) - 語源由来辞典
る(かこつる)鎌をかる(かまをかる)嗾る(しかる)口実(こうじつ)こじつ杓子定規(しゃくしじょうぎ)筋(すじ)ゴリ押し(ごりおし)スパム洗脳(せんのう)唆す(そそのかす)袖を引く(そで
http://gogen-allguide.com/mu/muriyari.html
113. 一生懸命 - 語源由来辞典
んめい)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「い」から始まる言葉 >一生懸命【意味】 一生懸命とは、全力を挙げて物事をするさま。命懸で物事をするさま。 【一生懸命の語源・由来】一生懸命は、
http://gogen-allguide.com/i/issyoukenmei.html
114. トリュフ - 語源由来辞典
チョコレート菓子のトリュフは、形がこのキノコに似ていることから名付られたもの。スポンサードリンク【関連語】アガリクスアミガサタケ・編笠茸アラゲキクラゲ・荒毛木耳アンズタケ・杏茸イモタケ・芋茸(いもた
http://gogen-allguide.com/to/truffe.html
115. ケチ - 語源由来辞典
ち)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「」から始まる言葉 >ケチ【意味】 ケチとは、金品を惜しがって出さないこと。卑しいこと。また、その人。 【ケチの語源・由来】ケチは、「ちをつる」
http://gogen-allguide.com/ke/kechi.html
116. いびる - 語源由来辞典
【いびるの語源・由来】いびるは、本来「時間をかて焼く」という意味で、「炙る・焙る(あぶる)」「燻る(いぶる)」などと同源と考えられる。長い時間をかて下からじわじわと熱するさまは、弱い立場の者をい
http://gogen-allguide.com/i/ibiru.html
117. 学ぶ(まなぶ) - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「ま」から始まる言葉 >学ぶ【意味】 学ぶとは、教えを受て知識や技芸を身に付る。勉強する。学問をする。まねる。 【学ぶの語源・由来】学ぶは、「まねぶ(学ぶ)」と同源で、「まねる(
http://gogen-allguide.com/ma/manabu.html
118. 剽軽(ひょうきん) - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「ひ」から始まる言葉 >ひょうきん【意味】 ひょうきんとは、軽率でおどること。滑稽なこと。また、そのようなさま・言動・人。 【ひょうきんの語源・由来】ひょうきんは、身軽ですばやいさ
http://gogen-allguide.com/hi/hyoukin.html
119. 今日(きょう) - 語源由来辞典
【今日の語源・由来】今日の旧かなは「ふ」で、「ふ」から「きょう」になった。「ふ」の「」は、「今朝(さ)」と同じ「」で、「こ(此)」の意味。「ふ」の「ふ」は、「ひ(日)」の意味である。「
http://gogen-allguide.com/ki/kyou.html
120. なまはげ - 語源由来辞典
数人の青年が鬼の面をかぶり、蓑をつ、木製の包丁や桶などを持って家々を訪れる。ナマハゲ。生剥げ。 【なまはげの語源・由来】なまはげの「なま」は、「なもみ」という囲炉裏にあたっていると手足にできる低温火
http://gogen-allguide.com/na/namahage.html

<<前へ 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ>>