「け」の検索結果

検索キーワード
  • 2158 件中 121 - 130 件目の10件を表示しています。

121. い - 語源由来辞典
)家(いえ)硫黄(いおう)イカ・烏賊(いか)イカサマ(いかさま)雷(いかずち)イカナゴ・玉筋魚(いかなご)生き馬の目を抜く(いきうまのめをぬく)いきなり戦・軍(いくさ)イクラ(いくら)池(い)い
http://gogen-allguide.com/i/index.html
122. 亡命(ぼうめい) - 語源由来辞典
るため、自国から外国へ逃れること。 【亡命の語源・由来】亡命の「亡」の字は囲いで隠すさまを示した会意文字で、「あったものが姿を消す」「見えなくなる」といった意味を含み、「亡+心」の「忘」の字にも「心
http://gogen-allguide.com/ho/boumei.html
123. ドラ息子(どらむすこ) - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「と」から始まる言葉 >どら息子【意味】 どら息子とは、怠者で遊んでばかりいる素行の悪い息子。道楽息子。放蕩(ほうとう)息子。 【どら息子の語源・由来】どら息子の「どら」は、怠惰や
http://gogen-allguide.com/to/doramusuko.html
124. 足元を見る(あしもとをみる) - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「あ」から始まる言葉 >足元を見る【意味】 足元を見るとは、相手の弱点を見つて付込む。足元に付込む。足下を見る。足許を見る。 【足元を見るの語源・由来】街道筋や宿場などで、駕籠
http://gogen-allguide.com/a/ashimoto.html
125. 東雲(しののめ) - 語源由来辞典
夜明方。あぼの。 【しののめの語源・由来】漢字で「東雲」と書くのは、東の空の意味からの当て字。語源は「篠の目(しののめ)」であろう。古代の住居では、明り取りの役目をしていた粗い網目の部分を「め(目
http://gogen-allguide.com/si/shinonome.html
126. 買って出る(かってでる) - 語源由来辞典
る。 【買って出るの語源・由来】買って出るは、単に「買う」でも自ら進んで引き受る意味があるので、特に語源が無いように思える言葉だが、花札から出た言葉である。花札は三人で勝負するため、参加者が四人以
http://gogen-allguide.com/ka/kattederu.html
127. 嫌味・厭味(いやみ) - 語源由来辞典
スポンサードリンク【関連語】アイロニー揚げ足を取る(あげあしをとる)論う(あげつらう)味(あじ)い好かない(いすかない)苛め・虐め(いじめ)意地悪(いじわる)一言居士(いちげんこじ)いちゃもんいび
http://gogen-allguide.com/i/iyami.html
128. 病膏肓に入る - 語源由来辞典
物事に熱中し過ぎて抜出せなくなるたとえ。 【病膏肓に入るの語源・由来】「膏」は心臓の下部、「肓」は横隔膜の上部のことで、体の奥深いところにあり、病気が入り込むと治療が困難になる。そこから、治療しよう
http://gogen-allguide.com/ya/yamaikoukouniiru.html
129. 手当て(てあて) - 語源由来辞典
病気やがの処置をすること。労働の報酬。また、基本給の他に支払われる賃金。心づ。チップ。 【手当ての語源・由来】手当ての語源には、病気やがをした際、患部に手を当てて治療したことからといった俗説が通
http://gogen-allguide.com/te/teate.html
130. アケビ・木通・通草 - 語源由来辞典
び)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「あ」から始まる言葉 >あび【意味】 あびとは、アケビ科の蔓性落葉低木。山地に自生。春、淡紫色の小花が咲く。秋、楕円形の果実がなり、熟すと縦に裂
http://gogen-allguide.com/a/akebi.html

<<前へ 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次へ>>