「け」の検索結果

検索キーワード
  • 2158 件中 131 - 140 件目の10件を表示しています。

131. 幇間(ほうかん) - 語源由来辞典
【幇間の語源・由来】幇間の「幇」は、助るの意味、「間」は人と人の間、つまり人間関係のことで、「幇間」は客と客、客と芸者の間を助る、酒宴の雰囲気が途切れた際に興を助るという意味となる。幇間の俗称
http://gogen-allguide.com/ho/houkan.html
132. 恋(こい) - 語源由来辞典
上部は「絲+音」からなり、もつれた糸にじめをつようとしても、容易に分られないことを表し、「もつれる」と同系の言葉である。これに「心」を加えた「戀(恋)」は、心が乱れて思い切りがつかないことを表す
http://gogen-allguide.com/ko/koi.html
133. 勿怪の幸い - 語源由来辞典
のさいわい)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「も」から始まる言葉 >勿怪の幸い【意味】 勿怪の幸いとは、思いがない幸運。物怪の幸い。 【勿怪の幸いの語源・由来】勿怪の幸いの「勿怪」は、
http://gogen-allguide.com/mo/mokkenosaiwai.html
134. ライチョウ・雷鳥 - 語源由来辞典
ライチョウの語源には、天敵を避るため雷が鳴るような時に活発に活動することから、「雷の鳥」になったとする説。火難、雷難除の信仰と結び付られ、「雷の鳥」と呼ばれるようになったとする説。山中で雷が鳴る
http://gogen-allguide.com/ra/raityou.html
135. 土産(みやげ) - 語源由来辞典
「屯倉(みや)」からの品物の意味で、「みやげ」になったとする説。その他、「都笥(みやこ)」「宮倉(みや)」「家笥(みや)」などの意味からといった説があるが、正確な語源は未詳。「土産」と「みやげ
http://gogen-allguide.com/mi/miyage.html
136. 落とし前(おとしまえ) - 語源由来辞典
「落とし前をつる」と用いる。 【落とし前の語源・由来】落とし前は、香具師(やし)の間で使われていた隠語で、露店などで客と折り合いをつるため、適当なところまで値段を落とすことを意味していた。その意味
http://gogen-allguide.com/o/otoshimae.html
137. 手玉に取る(てだまにとる) - 語源由来辞典
引き(かひき)鎌をかる(かまをかる)牛耳る(ぎゅうじる)口車(くちぐるま)黒幕(くろまく)嗾る(しかる)ゴリ押し(ごりおし)差し金(さしがね)指図(さしず)しめしめ洗脳(せんのう)唆す(
http://gogen-allguide.com/te/tedamanitoru.html
138. 世話(せわ) - 語源由来辞典
手数をかて援助すること。手数がかかってやっかいなこと。お世話。 【世話の語源・由来】「世間でよく言われる言いぐさ」「世俗の人が用いる話し言葉のこと」が本来の意味で、世間の人の話の意が原義となる。転じ
http://gogen-allguide.com/se/sewa.html
139. 濡れ衣(ぬれぎぬ) - 語源由来辞典
る(被る)」というところから、「かずく(潜く)」と「かずく(被く)」を掛たとする説。3.濡れた衣服が早く乾ば無罪、乾かなれば有罪とする、神の意思を受る裁判がかつて存在したと考え、その神事に
http://gogen-allguide.com/nu/nureginu.html
140. 口実(こうじつ) - 語源由来辞典
(うらづ)隠れ蓑(かくれみの)託る(かこつる)口(くち)ちをつる牽強付会(んきょうふかい)こじつ御託を並べる(ごたくをならべる)言葉(ことば)四の五の言う(しのごのいう)錦の御旗(にし
http://gogen-allguide.com/ko/koujitsu.html

<<前へ 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次へ>>