「みかん」の検索結果

検索キーワード
  • 23 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. ミカン・蜜柑(みかん) - 語源由来辞典
みかん)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「み」から始まる言葉 >みかん【意味】 みかんとは、ミカン科の常緑小高木・柑橘類の総称。特に、温州みかんをいう。 【みかんの語源・由来】みかんは、160
http://gogen-allguide.com/mi/mikan.html
2. 温州蜜柑(うんしゅうみかん) - 語源由来辞典
みかん)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「う」から始まる言葉 >温州みかん【意味】 温州みかんとは、ミカン類の代表的一品種。一般にミカンと言えばこれを指す。果実は黄橙色の扁円形で、果皮は薄
http://gogen-allguide.com/u/unsyuumikan.html
3. イヨカン・伊予柑(いよかん) - 語源由来辞典
【いよかんの語源・由来】いよかんは1887年に山口県で発見され、古く「穴門蜜柑(あなとみかん)」と呼ばれた。「穴門」とは、現在の山口県北部にあたる「長門国」一帯の古名である。明治時代中頃、愛媛県に移植し
http://gogen-allguide.com/i/iyokan.html
4. オレンジ - 語源由来辞典
だいだい・ネーブル・夏みかんなど柑橘類の総称。スイートオレンジ。アマダイダイ。 【オレンジの語源・由来】英語「orange」からの外来語。「orange」は「香り高い」を意味するインド南部のドラヴィダ語「naru」に
http://gogen-allguide.com/o/orange.html
5. ハッサク・八朔(はっさく) - 語源由来辞典
果実は夏みかんよりやや小さく皮が薄い。甘みが多く風味は良いが、肉質はあらい。八朔柑。 【八朔の語源・由来】八朔は、1860年頃、広島県因島田熊町のお寺「恵日山浄土寺」の境内で発見された品種で、「八朔」の名
http://gogen-allguide.com/ha/hassaku.html
6. ネーブル - 語源由来辞典
日本では「臍蜜柑(へそみかん)」や「臍橙(へそだいだい)」という地方もあるが、日本人がネーブルの形を見て名付けたのではなく、「ネーブルオレンジ」の訳から付けたものと思われる。ブラジルでオレンジの枝変わ
http://gogen-allguide.com/ne/navel.html
7. ダイダイ・橙(だいだい) - 語源由来辞典
鏡餅にみかんが乗せられることもあるが、ダイダイでなければ「代々」といった意味が無く、ただの飾りとなってしまう。「だいだい」は中世以降の呼称で、それ以前は「阿部橘・阿倍橘(アベタチバナ・アヘタチバナ)」
http://gogen-allguide.com/ta/daidai.html
8. スダチ・酢橘(すだち) - 語源由来辞典
スポンサードリンク【関連語】イヨカン・伊予柑(いよかん)温州蜜柑(うんしゅうみかん)オレンジ香り・薫り・馨り(かおり)カボス・香母酢(かぼす)木・樹(き)キンカン・金柑(きんかん)果物(くだもの)クネ
http://gogen-allguide.com/su/sudachi.html
9. ポンカン・椪柑(ぽんかん) - 語源由来辞典
スポンサードリンク【関連語】甘い(あまい)イヨカン・伊予柑(いよかん)温州蜜柑(うんしゅうみかん)オレンジ香り・薫り・馨り(かおり)カボス・香母酢(かぼす)木・樹(き)キンカン・金柑(きんかん)果物(
http://gogen-allguide.com/ho/ponkan.html
10. ベルガモット - 語源由来辞典
みかん)エッセンシャルオイル王(おう)オーデコロンオレンジ香り・薫り・馨り(かおり)カボス・香母酢(かぼす)木・樹(き)キンカン・金柑(きんかん)クネンボ・九年母(くねんぼ)グレープフルーツザボン・朱
http://gogen-allguide.com/he/bergamot.html

1 2 3 次へ>>