「る」の検索結果

検索キーワード
  • 2793 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. 分か・解・判(わか) - 語源由来辞典
・解・判(わか)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「わ」から始ま言葉 >わか【意味】 わかとは、理解でき。了解す。明らかにな。知。 【わかの語源・由来】わかは、「わ
http://gogen-allguide.com/wa/wakaru.html
2. (くさ) - 語源由来辞典
(くさ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「く」から始ま言葉 >腐【意味】 腐とは、細菌の作用で変質し、腐敗す。食べ物などがいたむ。ぼろぼろにな。がっかりす。めい。博打で負
http://gogen-allguide.com/ku/kusaru.html
3. 草臥れ(くたびれ) - 語源由来辞典
(くたびれ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「く」から始ま言葉 >くたびれ【意味】 くたびれとは、くたくたに疲れて元気がなくな。長く使って、みすぼらしくな。 【くたびれの語
http://gogen-allguide.com/ku/kutabireru.html
4. ・捻・拗(ねじ) - 語源由来辞典
・捻・拗(ねじ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「ね」から始ま言葉 >ねじ【意味】 ねじとは、細長い物の両端に力を加え、互いに逆の方向へ回す。また、一方を固定して他方に力を加
http://gogen-allguide.com/ne/nejiru.html
5. 嵩にかか(かさにかか) - 語源由来辞典
(かさにかか)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「か」から始ま言葉 >嵩にかか【意味】 嵩にかかとは、優勢に乗じて攻め。威圧的な態度に出。「笠に着」と混同し、「笠にかか」と
http://gogen-allguide.com/ka/kasanikakaru.html
6. (さえぎ) - 語源由来辞典
(さえぎ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「さ」から始ま言葉 >遮【意味】 遮とは、行動や進行の邪魔をして止め。妨げ。防ぎ止め。間を隔てて見えないようにす。 【遮の語源
http://gogen-allguide.com/sa/saegiru.html
7. (はばか) - 語源由来辞典
(はばか)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「は」から始ま言葉 >はばか【意味】 はばかとは、差し障りがあとして遠慮す。差し控え。ためらう。幅をきかす。いば。はびこ。 【
http://gogen-allguide.com/ha/habakaru.html
8. 萎え(なえ) - 語源由来辞典
(なえ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「な」から始ま言葉 >萎え【意味】 萎えとは、体力・気力が抜けてぐったりす。糊が落ちたり長く着たために、衣服の張りがなくなり柔らかくな
http://gogen-allguide.com/na/naeru.html
9. いび - 語源由来辞典
の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「い」から始ま言葉 >いび【意味】 いびとは、弱い立場の人を陰湿にいじめ。 【いびの語源・由来】いびは、本来「時間をかけて焼く」という意味で、
http://gogen-allguide.com/i/ibiru.html
10. 覚え(おぼえ) - 語源由来辞典
(おぼえ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「お」から始ま言葉 >覚え【意味】 覚えとは、記憶す。学んで知。習得す。身につけ。感じ。思われ。憶え。 【覚えの語源・由
http://gogen-allguide.com/o/oboeru.html

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ>>