「タラ」の検索結果

検索キーワード
  • 60 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. タラ・鱈(たら) - 語源由来辞典
タラ・鱈(たら)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「た」から始まる言葉 >タラ【意味】 タラとは、タラタラ科の魚の総称。日本近海にはマダラ・スケトウダラ・コマイがいる。単に「タラ」といえば
http://gogen-allguide.com/ta/tara.html
2. タランチュラ - 語源由来辞典
タランチュラ(たらんちゅら)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「た」から始まる言葉 >タランチュラ【意味】 タランチュラとは、大形で毛むくじゃらのクモ。特にクモ目オオツチグモ科のクモの総称。
http://gogen-allguide.com/ta/tarantula.html
3. タラバガニ・鱈場蟹 - 語源由来辞典
タラバガニ・鱈場蟹(たらばがに)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「た」から始まる言葉 >タラバガニ【意味】 タラバガニとは、エビ目ヤドカリ下目タラバガニ科の甲殻類。甲羅は約25センチ。脚を広
http://gogen-allguide.com/ta/tarabagani.html
4. タレント - 語源由来辞典
英語「talent」の語源は、重量の単位を意味する古代ギリシャ語「talanton(タラントン)」「talant(タラント)」に由来する。タラントンやタラントは、金や銀の重さを量る意味から、貨幣の単位にも用いられた。貨幣
http://gogen-allguide.com/ta/talent.html
5. ハガキ・葉書(はがき) - 語源由来辞典
タラヨウ(多羅葉)」に由来する。タラヨウの葉は、古代インドで字を書くために用いられたり、古くは「字書柴(じかきしば)」「絵書柴(えかきしば)」「紋付柴(もんつきしば)」とも呼ばれたためであろう。ただし
http://gogen-allguide.com/ha/hagaki.html
6. た - 語源由来辞典
タラ・鱈(たら)盥(たらい)盥回し(たらいまわし)だらしないタラバガニ・鱈場蟹(たらばがに)鱈腹(たらふく)タランチュラ(たらんちゅら)他力本願(たりきほんがん)怠い・懈い(だるい)ダルマ・達磨(だる
http://gogen-allguide.com/ta/index2.html
7. ジャガイモ・じゃが芋 - 語源由来辞典
【ジャガイモの語源・由来】ジャガイモは、「ジャガタラ芋(ジャガタラいも)」の略。ジャガタラとは、インドネシアの首都「ジャカルタ」のことで、16世紀末頃、オランダ商船によりジャカルタから渡来したためこの
http://gogen-allguide.com/si/jyagaimo.html
8. ハナサキガニ・花咲蟹 - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「は」から始まる言葉 >花咲ガニ【意味】 花咲ガニとは、エビ目ヤドカリ下目タラバガニ科の甲殻類でヤドカリの一種。タラバガニよりも体表のとげが大きく、歩脚は太く短い。 【花咲ガニの語源
http://gogen-allguide.com/ha/hanasakigani.html
9. からすみ - 語源由来辞典
高価でサワラやタラ等の卵巣で代用品が作られるため、ボラの卵巣を使用したものは「本からすみ」と呼ばれる。 【からすみの語源・由来】からすみは、中国から渡来した墨「唐墨(からすみ)」に形が似ていたことから
http://gogen-allguide.com/ka/karasumi.html
10. 鱈腹(たらふく) - 語源由来辞典
【たらふくの語源・由来】漢字の「鱈腹」は、タラの腹部が膨れていることや、大変な大食漢であることからの当て字で、その由来は「鱈の腹」で間違いないが、「たらふく」という言葉を「鱈の腹」からとするのは間違
http://gogen-allguide.com/ta/tarafuku.html

1 2 3 4 5 6 次へ>>