「縁起」の検索結果

検索キーワード
  • 42 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. 縁起(えんぎ) - 語源由来辞典
縁起(えんぎ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「え」から始まる言葉 >縁起【意味】 縁起とは、吉凶の前兆。因縁により、あらゆるものが生ずること。 【縁起の語源・由来】縁起は、サンスクリット
http://gogen-allguide.com/e/engi.html
2. 験を担ぐ(げんをかつぐ) - 語源由来辞典
【げんを担ぐの語源・由来】本来は「縁起をかつぐ」で、「縁起」が反転し音韻変化したとする説が有力とされる。この「げん」は、「げんがいい」や「げんなおし」などとも使われる。「験」には、「仏道修行を積んだ
http://gogen-allguide.com/ke/genwokatsugu.html
3. ジンクス - 語源由来辞典
縁起。 【ジンクスの語源・由来】ジンクスは、縁起が悪いものを意味する英語「jinx」が語源である。英語「jinx」は、魔術に用いるキツツキ類の名をさすギリシャ語に由来する。日本では悪い意味が失われ、因縁や縁起
http://gogen-allguide.com/si/jinx.html
4. けちをつける - 語源由来辞典
嫌がらせで縁起の悪いことを言う。 【けちをつけるの語源・由来】「けち」は不吉な出来事を意味する「怪事(けじ)」が音変化したもので、「あやしき事」の意味である。その「けち」に「つく」で、「縁起の悪いこと
http://gogen-allguide.com/ke/kechiwotsukeru.html
5. 鏡開き(かがみびらき) - 語源由来辞典
縁起が悪いため、「開き」という縁起の良い言葉が使われるようになった。現在は1月11日に鏡開きを行うことところが多いが、古くは「二十日(はつか)」が「刃柄(はつか)」に通じることから、1月20日に行われていた
http://gogen-allguide.com/ka/kagamibiraki.html
6. あたりめ - 語源由来辞典
縁起が悪い。するめは、結納品にも用いられる縁起物として扱われるものなので、縁起の悪い言葉を避け、「当たり」に換えて「あたりめ」と呼ぶようになった。「あたりめ」を漢字表記する場合は、「当たりめ」となる。
http://gogen-allguide.com/a/atarime.html
7. 御幣担ぎ(ごへいかつぎ) - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「こ」から始まる言葉 >御幣担ぎ【意味】 御幣担ぎとは、必要以上に縁起を気にすること(人)。 【御幣担ぎの語源・由来】御幣担ぎの「御幣」とは、紙や布を細長く切って細長い木に挟み、神前
http://gogen-allguide.com/ko/goheikatsugi.html
8. 破魔矢(はまや) - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「は」から始まる言葉 >破魔矢【意味】 破魔矢とは、正月の縁起物。初詣に行った際、厄除けのお守りとして神社で売り出される。 【破魔矢の語源・由来】「破魔矢奉製所」という会社が登録商標
http://gogen-allguide.com/ha/hamaya.html
9. けったい - 語源由来辞典
本来は「卦体が悪い」という言い方で、縁起が悪い意味を示していたが、略され「卦体(けたい)」のみとなり、「忌々しい(いまいましい)」や「奇妙だ」という意味になった。世に稀なことを意味する「希代(きたい)
http://gogen-allguide.com/ke/kettai.html
10. 薬玉(くすだま) - 語源由来辞典
【くす玉の語源・由来】くす玉は、魔除けの縁起物として平安時代から存在する。もとは、種々の薬を束ねて作られていたため、「薬玉」と呼ばれるようになった。平安中期には、中宮定子で五月五日の端午の節句にくす
http://gogen-allguide.com/ku/kusudama.html

1 2 3 4 5 次へ>>