「干支」の検索結果

検索キーワード
  • 51 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. 干支(えと) - 語源由来辞典
干支(えと)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「え」から始まる言葉 >干支【意味】 干支とは、十干十二支(じっかんじゅうにし)。今日では、十二支のみをいうことが多い。 【干支の語源・由来】干
http://gogen-allguide.com/e/eto.html
2. 還暦(かんれき) - 語源由来辞典
【還暦の語源・由来】還暦の「還」は「かえる」「もどる」という意味で、「暦」は干支を意味する。干支は本来、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干と、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
http://gogen-allguide.com/ka/kanreki.html
3. 卯月(うづき) - 語源由来辞典
また、十二支の四番目が「卯」であることから、干支を月に当てはめ「卯月」になったとする説もあるが、他の月で干支を当てた例がないため不自然である。仮に、卯月だけに干支が当てらたとしても、月に当てられる十二
http://gogen-allguide.com/u/uzuki.html
4. 閏年(うるうどし) - 語源由来辞典
うるう年の干支は、西暦年が400で割り切れる「子」「辰」「申」のいずれかに当てはまるが、上記条件のとおり、これらの干支の年がうるう年とは限らない。暦の上で「閏」を用いる言葉には、「うるう年」のほか、太陰
http://gogen-allguide.com/u/uruudoshi.html
5. 四六時中(しろくじちゅう) - 語源由来辞典
「二六時中」は、一日の時間を「子の刻」「丑の刻」など、干支の十二刻で表していた江戸時代の使われ方で2×6で12となるため、一日中を意味していた。「四六時中」は、「二六時中」を現代の一日の時間(24時間)に合
http://gogen-allguide.com/si/shirokujityuu.html
6. 華甲(かこう) - 語源由来辞典
華甲の「甲」は「甲子(きのえね)」で、干支(十干十二支)の最初をさしている。そこから、還暦と同じく数え年で61歳を表すようになった。スポンサードリンク【関連語】祝い(いわい)干支(えと)老いる(おいる)
http://gogen-allguide.com/ka/kakou.html
7. 本命(ほんめい) - 語源由来辞典
干支をさす言葉であった。重要なことを決めるときは本命によって決め、自分の本命を大切にして本命星(ほんみょうしょう)として祭られた。やがて、競馬の予想に用いられるようになり、さらに転じて、最有力とみられ
http://gogen-allguide.com/ho/honmei.html
8. 有卦に入る(うけにいる) - 語源由来辞典
【有卦に入るの語源・由来】有卦とは、陰陽道で、人の生まれた年の干支に基づいた幸運の年回りのこと。有卦の吉年は7年続き、無卦(不運の年回り)の凶年は5年続くという。「入る」は「はいる」とは読まない。スポ
http://gogen-allguide.com/u/ukeniiru.html
9. 寅・寅年(とら・とらどし) - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「と」から始まる言葉 >寅・寅年【意味】 寅とは、干支(十二支)の3番目。年・日・時刻などにあてる。方角の名で「東北東(東から北へ30度の方角)」。陰暦1月の異称。いん。寅年とは、西暦年
http://gogen-allguide.com/to/tora_eto.html
10. 酉・酉年(とり・とりどし) - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「と」から始まる言葉 >酉・酉年【意味】 酉とは、干支(十二支)の10番目。年・日・時刻などにあてる。方角の名で「西」。陰暦8月の異称。ゆう。酉年とは、西暦年を12で割った際、余りが1とな
http://gogen-allguide.com/to/tori_eto.html

1 2 3 4 5 6 次へ>>