「橋」の検索結果

検索キーワード
  • 25 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. (はし) - 語源由来辞典
(はし)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「は」から始まる言葉 >【意味】 とは、川や谷、湖・道路などの上に掛け渡して、通路などに用いる構築物。梁。 【の語源・由来】は「端」と同
http://gogen-allguide.com/ha/hashi_bridge.html
2. 急がば回れ(いそがばまわれ) - 語源由来辞典
【急がば回れの語源・由来】急がば回れの語源は、宗長(室町時代の連歌師)の歌「もののふの矢の船は速けれど急がば回れ瀬田の長」である。「もののふ」とは武士、「やばせの舟」とは矢の渡しを意味する。「
http://gogen-allguide.com/i/isogabamaware.html
3. 嘘八百(うそはっぴゃく) - 語源由来辞典
嘘八百の「八百」は、江戸市中に町数が多いことをいった「八百八丁」や、大坂市中にが多いことをいった「八百八」などの「八百」と同じく、数が多いことを意味する。「八百八丁」と掛けて、「嘘よりも八丁多い江
http://gogen-allguide.com/u/usohappyaku.html
4. 普請(ふしん) - 語源由来辞典
道路やなどの土木工事。 【普請の語源・由来】禅宗の用語で、寺の堂塔建造などの労役に共同で従事してもらうことをいった。建築に従事してもらうことを言うようになったのは、「普く(あまねく)人々に請う(こう
http://gogen-allguide.com/hu/fushin.html
5. 階(きざはし) - 語源由来辞典
「はし」は「はしご」や「」の「はし」と同じく、かけ離れたところに渡すものを表す「はし(階)」であろう。「きだはし」とも言うことから、長さや面積の単位「きだ(段)」を語源とする説もあるが、「きざはし」
http://gogen-allguide.com/ki/kizahashi.html
6. ボイン - 語源由来辞典
【ボインの語源・由来】ボインは、1960年代後半、日本テレビの深夜番組「11PM」で、司会の大巨泉が朝丘雪路をからかって言った言葉が広まったものである。巨泉氏によれば、朝丘雪路の胸が大きく「ボインとした感
http://gogen-allguide.com/ho/boin.html
7. 梯子(はしご) - 語源由来辞典
【はしごの語源・由来】はしごの「はし」は「」と同源の「はし(階)」で、離れたところをかけ渡すものの意味。「ご」は「子」で、小さな横木のことである。古くは、階段などの一段を「はしのこ」と言い、現代で
http://gogen-allguide.com/ha/hashigo.html
8. 箸(はし) - 語源由来辞典
」や「柱」など、その形状から「はし」になったとする説。古くは、一本の棒を折り曲げ、ピンセットのように挟んで使うもので、鳥の嘴に似た形であったことから、「嘴(くちばし・はし)」を語源とするなど諸説あ
http://gogen-allguide.com/ha/hashi.html
9. トリビア - 語源由来辞典
「via」は「○○経由」や「○○を通って」の意味で、「viaduct(高架)」など「道」を表す言葉の基となっている。つまり、「tri」と「via」が合成された「trivia」は、本来「三叉路」という意味であった。トリビア
http://gogen-allguide.com/to/trivia.html
10. 地下足袋(じかたび) - 語源由来辞典
足袋製造業者であった石徳次郎が発明し、近隣の三池炭鉱で使用されたことで人気を博し、全国に広まったことは確かだが、語源とは関係しない。地下足袋を「ちかたび」と呼ぶ地域もあるが、「地下」と当て字されたこ
http://gogen-allguide.com/si/jikatabi.html

1 2 3 次へ>>