「神経」の検索結果

検索キーワード
  • 16 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. 神経(しんけい) - 語源由来辞典
神経(しんけい)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「し」から始まる言葉 >神経【意味】 神経とは、身体の機能をつかさどり、刺激を伝える組織。物事を感じとって反応する心の動き。 【神経の語源・
http://gogen-allguide.com/si/shinkei.html
2. イライラ - 語源由来辞典
神経が高ぶっているさま。いらだたしいさま。光などが刺激するさま。苛苛。苛々。 【イライラの語源・由来】イライラの語源は、草木の刺(とげ)のことをいう「イラ」を重ねたもので、本来は刺が出ているさまをいう
http://gogen-allguide.com/i/iraira.html
3. コレステロール - 語源由来辞典
神経や筋肉の動きにも重要な役割を果たすいっぽう、老化に伴い血管壁に沈着し、動脈硬化症とも深く関係する。 【コレステロールの語源・由来】コレステロールは、ギリシャ語の「chole(コレ)」と「sterol(ステロー
http://gogen-allguide.com/ko/cholesterol.html
4. ブス - 語源由来辞典
神経系の機能が麻痺し無表情になる。その無表情を「附子」と言うようになり、転じて醜い顔を「ブス」と言うようになった。ブスには、狂言を語源とする説もあるが、狂言に出てくる「附子」もトリカブトの毒薬のことで
http://gogen-allguide.com/hu/busu.html
5. トリカブト・鳥兜 - 語源由来辞典
神経痛やリューマチの薬に用いられていた。「烏頭」「付子」ともに中国から入った語で、日本ではそれを音読みした。「烏頭」の語源は、最初にできる根塊がカラスの頭部に似ていることから、その脇にできる若い根塊「
http://gogen-allguide.com/to/torikabuto.html
6. し - 語源由来辞典
神経(しんけい)ジンジャー(じんじゃー)斟酌(しんしゃく)人種の坩堝(じんしゅのるつぼ) ⇒ 坩堝(るつぼ)尋常(じんじょう)真髄・神髄(しんずい)シンセサイザー(しんせさいざー)親切(しんせつ)進退窮
http://gogen-allguide.com/si/index4.html
7. ヒステリー - 語源由来辞典
神経症の一種。また、感情を抑えられず、激しく興奮したり、怒ったりわめいたりする状態。また、その人。ヒス。 【ヒステリーの語源・由来】ドイツ語で「Hysterie」からの外来語で、「子宮」を意味するギリシャ語「h
http://gogen-allguide.com/hi/hysterie.html
8. ストレス - 語源由来辞典
スポンサードリンク【関連語】アレルギーアロマテラピーイライラ体(からだ)心(こころ)ジレンマ神経(しんけい)心配(しんぱい)溜まる・貯まる(たまる)力(ちから)テンパるトラウマパニックヒーリングプレッ
http://gogen-allguide.com/su/stress.html
9. 神(かみ) - 語源由来辞典
神経(しんけい)奉る(たてまつる)玉串(たまぐし)手向け(たむけ)トラ・虎(とら)鳥居(とりい)和幣(にきて)人間(にんげん)幣(ぬさ)祝詞(のりと)初詣(はつもうで)福神漬け(ふくじんづけ)ヘビ・蛇
http://gogen-allguide.com/ka/kami.html
10. 色(いろ) - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「い」から始まる言葉 >色【意味】 色とは、光による視神経の刺激が脳の視覚中枢に伝えられて生ずる感覚。色相・明度・彩度の三属性によって表される。特に白や黒を除いていう場合もある。色彩
http://gogen-allguide.com/i/iro.html

1 2 次へ>>