「端午」の検索結果

検索キーワード
  • 23 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. 端午の節句 - 語源由来辞典
端午の節句(たんごのせっく)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「た」から始まる言葉 >端午の節句【意味】 端午の節句とは、五月五日の節句こと。国民の祝日「子供の日」。 【端午の節句の語源・由
http://gogen-allguide.com/ta/tangonosekku.html
2. 六日の菖蒲(むいかのあやめ) - 語源由来辞典
【六日の菖蒲の語源・由来】ここでいう「六日」とは、端午の節句(五月五日)の翌日のこと。菖蒲は五月五日の端午の節句に使うので、六日に用意していては遅いことから、時機を逃して役に立たないことの喩えとして
http://gogen-allguide.com/mu/muikanoayame.html
3. 薬玉(くすだま) - 語源由来辞典
平安中期には、中宮定子で五月五日の端午の節句にくすだまが飾られたことが、「枕草子」にも残されている。スポンサードリンク【関連語】阿弥陀くじ(あみだくじ)糸(いと)祝い(いわい)鰯の頭も信心から縁起(え
http://gogen-allguide.com/ku/kusudama.html
4. 粽(ちまき) - 語源由来辞典
端午の節句にちまき食べる習慣は、中国の屈原の故事から邪鬼を祓うものとされるが、関東ではちまきではなく柏餅が一般的である。スポンサードリンク【関連語】安倍川餅(あべかわもち)アランチーニあんころ餅(あん
http://gogen-allguide.com/ti/chimaki.html
5. おせち料理(おせちりょうり) - 語源由来辞典
節日に作られる供物を「節供(せちく)」といい、節供には元日の膳、正月一五日の粥(のちの七草粥)、端午の節句の粽などがある。やがて、節供としての料理を「おせち」と言うようになった。御節の「御」は接頭語、
http://gogen-allguide.com/o/osechi.html
6. ヤグルマソウ・矢車草 - 語源由来辞典
矢車とは、端午の節句に揚げる鯉のぼりの竿の先で、風を受けて回転するよう矢羽根を放射状につけたもの。矢車菊を「矢車草」とも呼ぶが、矢車菊はキク科の一年草で異なる品種である。スポンサードリンク【関連語】ア
http://gogen-allguide.com/ya/yagurumasou.html
7. ヨモギ・蓬・艾(よもぎ) - 語源由来辞典
よもぎは香りが強いことから邪気を祓うものとされ、古く、五月五日の端午の節句には菖蒲と共に軒にさしたり薬玉にした。スポンサードリンク【関連語】アーティチョークアキザクラ・秋桜(あきざくら)アゲラタムアサ
http://gogen-allguide.com/yo/yomogi.html
8. た - 語源由来辞典
端午の節句(たんごのせっく)たん瘤(たんこぶ)タンザナイト(たんざないと)壇尻・楽車(だんじり)タンス・箪笥(たんす)断腸の思い(だんちょうのおもい)単刀直入(たんとうちょくにゅう)段取り(だんどり)
http://gogen-allguide.com/ta/index3.html
9. 皐月(さつき) - 語源由来辞典
端午の節句(たんごのせっく)月(つき)苗(なえ)長月(ながつき)博多どんたく(はかたどんたく)葉月(はづき)母の日(ははのひ)百姓(ひゃくしょう)文月(ふづき・ふみづき)水無月(みなづき)睦月(むつき
http://gogen-allguide.com/sa/satsuki.html
10. 子(こ) - 語源由来辞典
端午の節句(たんごのせっく)小さい(ちいさい)ちびチャイルド寵児(ちょうじ)弟子(でし)丁稚(でっち)年・歳(とし)虎の子(とらのこ)どら息子(どらむすこ)人間(にんげん)雛(ひな)雛(ひよこ)ぶりっ
http://gogen-allguide.com/ko/ko.html

1 2 3 次へ>>