「緑」の検索結果

検索キーワード
  • 149 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1.
2. (みどり) - 語源由来辞典
(みどり)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「み」から始まる言葉 >【意味】 とは、色の名。青色と黄色の中間の色。光の三原色の一。色。色の草木。新。翠。 【の語源・由来】元来、
http://gogen-allguide.com/mi/midori.html
3. 寿(ろくじゅ) - 語源由来辞典
寿(ろくじゅ)の意味・語源・由来を解説。語源由来検索ホーム > 「ろ」から始まる言葉 >寿【意味】 寿とは、数え年で66歳の祝い。 【寿の語源・由来】寿は他の長寿の祝いとは異なり、2002年9月に日本百貨
http://gogen-allguide.com/ro/rokujyu.html
4. エメラルド - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「え」から始まる言葉 >エメラルド【意味】 エメラルドとは、柱石の一種で、特に美しいもの。翠色透明の石。翠玉。玉。翠玉。 【エメラルドの語源・由来】エメラルドは、英語「emerald
http://gogen-allguide.com/e/emerald.html
5. 紅一点(こういってん) - 語源由来辞典
【紅一点の語源・由来】紅一点は、中国の王安石の詩『詠柘榴』の「万叢中紅一点(ばんりょくそうちゅうこういってん)」の句に由来する。万は一面の、叢中は草むらの中、紅一点は紅色の一輪の花(ザクロ)の
http://gogen-allguide.com/ko/kouitten.html
6. 嬰児(みどりご) - 語源由来辞典
【嬰児の語源・由来】嬰児は、本来は「児」と書くが、現在では「嬰児」が一般的な表記となっている。古く、「みどりご」は「みどりこ」と末尾が清音であった。赤ん坊を「みどりご(みどりこ)」と呼ぶのは、大宝
http://gogen-allguide.com/mi/midorigo.html
7. 青(あお) - 語源由来辞典
また、藍・・水色など青系統の色の総称。色の名の一。三原色の一。青色。青い色。 【青の語源・由来】旧カナは「アヲ」で、「藍(アヰ)」もしくは「藍色(アヰイロ)」が変化したとする説や、空の色に見立てて「
http://gogen-allguide.com/a/ao.html
8. アクアマリン - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「あ」から始まる言葉 >アクアマリン【意味】 アクアマリンとは、柱石のうち、透明で青色なもの。3月の誕生石。藍玉。 【アクアマリンの語源・由来】アクアマリンの「アクア」は、ラテン語
http://gogen-allguide.com/a/aquamarine.html
9. ユーカリ - 語源由来辞典
語源由来検索ホーム > 「ゆ」から始まる言葉 >ユーカリ【意味】 ユーカリとは、フトモモ科の常高木。オーストラリアを主に分布し、500種以上ある。葉は精油をとったり、健康茶に利用。材は建築などに使用される。
http://gogen-allguide.com/yu/eucalyptus.html
10. キュウリ・胡瓜(きゅうり) - 語源由来辞典
黄色の五弁花をつけ、果実は細長く色で棘状のイボがあり、熟すと黄色になる。 【きゅうりの語源・由来】きゅうりは、「きうり」の発音が長音化で、現在では色の果実を食用としているが、古くは熟して黄色になっ
http://gogen-allguide.com/ki/kyuuri.html

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ>>